ニキビができてしまったら医者に診察をしてもらおう

利用することによって迅速に効果が現れる

昔からある治療

薄毛治療の歴史を知る

薄毛の悩みを抱えている人は紀元前にもいたようです。紀元前の遺跡から育毛剤として使用したと思われるものが発見されているからです。もちろん当時は薄毛になるメカニズムは分かっていなかったため、今のようなスカルプケアの知識もなく、育毛剤も植物や動物から採取したオイルなどが使われていたそうです。 しかし、こう丸(精巣)を切除して宦官になった男性に薄毛の人が少ない傾向があることから、男性ホルモンと薄毛に何らかの関係があるということは、何となくわかっていたようです。 薄毛治療の研究が本格的に進んだのは近年になってからです。1997年にAGA(男性型脱毛症)に効く治療薬プロペシアがアメリカで認可され、今では日本を始め世界60か国以上で普及しています。

今後の治療に関する予測

薄毛治療は年々進化しています。育毛クリニックなどの医療機関や化粧品メーカーの研究機関などで様々な「薄毛に効果がある」という成分が開発されています。そしてその成分が配合された新しい育毛シャンプー、育毛剤、サプリメントなどが販売されています。 今は遺伝子検査をすることで、将来禿るかどうかが分かるのだそうです。そのため、早めに遺伝子検査をして将来に備えて薄毛治療を始めている人もいます。また、IPS細胞の発見も、薄毛の人にとっては朗報です。髪の毛が生える細胞を作ることで、どんなに薄毛の人でも増毛できる可能性があります。 今後もどんどん遺伝子レベル、細胞レベルでの研究が進んでいき、薄毛治療は進化していきそうです。